挙式の具体的な流れ

新郎新婦

儀式的要素が豊富

日本人で神前式を全く知らないという人は少ないでしょうが、具体的にどのような流れで行われているか知っているか、となると多くの人に疑問符が付くと思います。そこでここでは神前式に興味があるけどよく知らない、という方のために基本的な神前式の流れについて見ていきます。結婚式当日、新郎新婦が身支度を終え、参列者も揃い、そして斎主並びに関係者の準備が全て整ったら、斎主を先頭にして式場に向かいます。これを参進の儀と呼び、これをもって神前式の開始と見ることもできます。参列者と一緒に行列を組む場合と、新郎新婦のみや限られた親族のみで参進するケースもあります。そして神社であれば拝殿、式場なら専用の神殿に入場し、新郎新婦以下参列者が所定の位置に着座します。全員が着座したらまず始めに修祓という、いわゆるお祓いが行われます。斎主、或は補佐役の神職によって、幣によるお祓いをその場にいる全員が受けます。修祓の間は低頭します。続いて斎主拝礼、献饌が行われ、斎主による祝詞奏上にて神前に新郎新婦の結婚の旨が伝えられます。その後巫女や神職によって盃が用意され、新郎新婦がお神酒をいただく三献の儀が執り行われます。一般的には三々九度として知られる儀式で、夫婦固めの杯とも言います。次に新郎新婦が進み出て、神前にて誓いの詞を述べる誓詞奏上が行われ、引き続き玉串という祭儀に用いられる榊の枝をお供えする玉串奉奠が行われます。新郎新婦の玉串が供えられたら、続いて親族の代表者などが玉串を供えます。この後で指輪交換を行うケースが多いですが、伝統的な神社では行わない場合もあります。そして両家親族がお神酒をいただく親族盃の儀が行われ、祭儀は一段落つきます。そしてお供え物をお下げする撤饌後、再び斎主による拝礼を以て神前式は滞りなく終了となります。また会場によっては入場と同様に、退場も行列を組む場合があり、大きな神社でよく見られます。